視覚障害者のタッチパネル操作


世の中ツルツルのタッチパネルが増えてきて・・・・・


電子レンジ、駅の券売機、コピー機、ATM、コンビニのチケット発券機など、世の中にはタッチパネルがついた機器が増えてきました。

家電には点字のシールを貼れば目的の操作ができるものもありますし、大きな駅の券売機にはテンキーがついていて、時間はかかるもののチャージや切符を買うこともできます。

しかし、一度画面に触れるとボタンの位置や形が変わってしまい、操作できないものが殆どです。タッチパネルは自由に画面のレイアウトができ、目的にあったボタンをつける必要がないので、安価に機器を作ることができるので、世の流れとしては当然のことなのだと思います。

それでも私はタッチパネル端末を使わざるを得なくなりました


2012年7月末、今まで使ってきた携帯電話らくらくホンIV(F883iES)が突然再起動するようになりました。

ドコモショップに修理依頼しようとしたら、「修理なら4〜5万円、らくらくホン7への機種変更でも5万円、スマートホンへの機種変更なら15000円くらい」と言われました。

らくらくスマートホンが発売されたということは、今後はガラパゴス携帯の開発は期待薄のように感じました。

らくらくスマートホンはシニアには使えても、音声ガイドが不充分です。

一般のスマートホンドキュメントトーカをインストールして使っている視覚障害者がいるという情報がありましたので、検討し始めました。

当時はiPhoneに搭載されているボイスオーバーでは漢字変換候補文字を音声化することはできませんでしたし、ずっとドコモの携帯電話を使ってきましたので、iPhoneは選択枝にはありませんでした。 そこで、ドキュメントトーカとの相性が最もよいという評判のdocomo NEXT series GALAXY S III SC-06Dにしました。

視覚障害者がスマートフォンやタブレットを使うための配慮


当然のことながら、ツルツルの画面に手を触れただけで機能が働いてしまってはどうしようもありません。銀行のATMに弱視の人が目を近づけて見ていて反応してしまったので「私の鼻がもう少し低かったら、目を近づけてもタッチパネルに触れなかったのに・・・・・」なんて笑い話を聞いたことがあります。

そのため、画面をなぞって位置を確かめた後、二回タップ(たたく)して始めて実行できるような設定が用意されるようになってきました。また、ピンポイントでうまくダブルタップできないユーザーのために、画面に1本の指で触れたままもう1本の指でダブルタップ(スプリットタップ)できるソフトや機能も提供されるようになってきました。

このような機能がもう少し前にパソコンソフトやスマートフォンのアプリに搭載されていたなら、私はエレクトーンのタッチパネルを諦めずに、ヤマハさんに要望できていたかなあと思っています。

画面のレイアウトを意識しなくても操作できる配慮


画面のレイアウトがわからなくても、上下左右にフリックすることで、段落や文字単位でフォーカスを移動しながら読み上げたり、ダブルタップで実行できるようにもなりました。

タッチ点字入力


Windows画面読み上げソフトPC-Talkerでは、ツルツルの画面の任意の位置で点字入力を実現できる機能が搭載されています。両手の親指から薬指の8本の指を画面に置いて位置決め(キャリブレーション)し、文字を入力できます。入力するうちに位置がずれても、少しのずれなら補正してくれるので入力を続けられます。エラーが頻発するようになったときは、キャリブレーションしなおせばOKです。

タッチ点字入力では、ファンクションキーの入力やCtrl+CなどのWindows標準のショートカットキーや、点字の漢字の入力もできるので、馴れれば晴眼者よりも効率よく文書処理ができます。


外出先で活字資料を確認

スマホやタブレットにはカメラがついています。コンサートで配布されるプログラムや勉強会で配布されるレジュメを開始前にカメラで撮影、OCR(文字認識)し、内容を把握できるようになりたいです。

そのためには、カメラと書類の位置合わせが大切なので、持ち運びできる原稿台が必要です。どなたか汎用性があるものを考えていただけないでしょうか。



アンドロイドスマートフォンのアクセシビリ設定とタッチ操作
PC-Talkerによるwindowsタブレット操作




戻る